オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸って一体なんですか?

オメガ3脂肪酸について

オメガ3脂肪酸サプリ 画像

健康のために良い成分ということで注目を集めている
オメガ3脂肪酸。

 

エゴマ油や魚油自体をオメガ3脂肪酸だと思っている方も
いるかもしれませんが、オメガ3脂肪酸はエゴマ油や魚油に
含有されているDHA、EPA、αリノレン酸などになります。

 

健康のためにとても大事な成分なのですが、体内で生成する
ことで出来ないため、日々の食事やサプリメントなどから
摂取しなくてはいけません。

 

しかし、オメガ3脂肪酸は大変酸化しやすい成分のため
十分な量を摂取するのは、とても大変です。

 

高温を避けて、暗所で保管する、高温での加熱を避けて
調理する、空気に長い時間触れないようにするなど注意
しなければいけないことが沢山あります。

 

たとえば、エゴマ油などを家庭で使用する際には、上記の
決まりを守りつつ、酸化を防ぐために1〜2ヶ月程度で
使い切らなければいけません。

 

また、健康に良いからといって、大量に摂取しても早く
効果が実感できるというものでもありません。

 

もともとは油分ですので、摂取し過ぎることでお肌の
脂分が過剰になりニキビが出来てしまったり、体に
脂肪として蓄積されてしまうこともあります。

 

 

必須脂肪酸は2つに分けられます

 

体に大切な成分である必須脂肪酸。
認知度が高いのはオメガ3脂肪酸ですが、実は必須脂肪酸は
2つに分類されます。

 

それがオメガ3脂肪酸オメガ6脂肪酸です。
それぞれは構造も働きも違ってきます。

 

2つのバランスが大切です

 

必須脂肪酸だからといって、なんでも摂取すれば良い
わけではなく、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸を
バランスよく1:4の割合で摂取することが良いという
研究結果がでています。

 

しかし、ここで現代人の食生活の問題が関係してきます。

 

オメガ3脂肪酸を含んでいるのは青魚、エゴマ油、肝油、
クルミ、豆類、緑黄色野菜だといわれています。

 

そしてオメガ6脂肪酸を含んでいるのは、サラダ油、ゴマ油、
マヨネーズなどです。

 

この2つを比べてみると、わたしたちの食生活の中では
圧倒的にオメガ6脂肪酸の摂取が過剰になっていると思いませんか?

 

オメガ3脂肪酸は積極的に摂取を心掛けなければいけない
成分なんです。

 

 

脂肪酸が細胞膜を構成しています

 

先ほど紹介した必須脂肪酸は体内において、細胞膜を
構成するための重要な成分です。

 

しかし、オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸、そして
一価不飽和脂肪酸のオメガ9脂肪酸、この3つのバランスが
崩れてしまうと、細胞自体の動きも鈍くなってしまうため、
健康にも影響を及ぼすといわれています。

 

 

必須脂肪酸のオメガ3脂肪酸は体に必要な成分です

 

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸、このどちらも脂肪酸に分類
される成分ではありますが、その構造を見ると、摂取の
仕方に十分注意が必要になります。

 

不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸もまたその構造によって、多価不飽和脂肪酸
と一価不飽和脂肪酸に分類されますが、多価不飽和脂肪酸は
体内で生成することができません。

 

オメガ3脂肪酸はここに分類されます。

 

植物性の油や魚油に含有しており、常温でも固まることがなく、
液体のままであることが特徴といえるでしょう。

 

食べ物やサプリメントなどで体内に取り入れることが大切です。

 

飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸に対して、飽和脂肪酸はバターやラードなどに
含有されており、常温で固まっていることが多い成分です。

 

不飽和脂肪酸との大きな違いは、体内で生成することが出来る
成分であるため、食べ物などから積極的に摂取することが
必要とされていません。

 

 

コレステロール下げるサプリ ランキング

関連ページ

オメガ3脂肪酸はどんな働きをするのか
オメガ3脂肪酸サプリの効果など特徴について詳しくご紹介しているコラム記事です。
オメガ3サプリに含まれる成分とその効果とは?
オメガ3脂肪酸サプリの含まれる成分について詳しくご紹介しているコラム記事です。
コレステロールを下げるサプリの副作用とその飲み方
オメガ3脂肪酸サプリの副作用について詳しくご紹介しているコラム記事です。